年齢に合ったコスメの選び方

10代、20代、30代、40代、50代以上と、それぞれの年齢の肌にあったコスメを選ぶことは、5年、10年後・・と美肌を維持していくために大切なことです。

年齢別に選び方のポイントを紹介します。
クリスマスや新年の機会に、スキンケアを変えたいなと思ってる方は参考にしてみてください。

【10代・20代】
肌がきれいなので、スキンケアよりもお化粧に興味がある時期ですので、まずクレンジング選びに気をつけてください。オイルタイプよりもミルクタイプにして、アイメイクには専用のリムーバーを使うこと。25歳あたりから、いまの状態をキープするためのエイジングケアを意識してください。化粧水はトロミのあるものよりも水のようなタイプを。そのあとは、美容液のみか、美容液と乳液が一緒になったものがよいでしょう。ニキビ肌の方は、早めに婦人科や皮膚科へいって治療をしましょう。

【30代】
シミ・くすみなど肌トラブルが出始める年代です。クレンジングは、さっぱりタイプよりもしっとりタイプのもので、ミルクタイプが良いでしょう。洗顔は、固形石鹸。週に一度のピーリングのお手入れを加えて、角質ケアをはじめてみましょう。透明感がでてきます。化粧水は、10代・20代のときよりも質の良いものにこだわりたいですが、化粧水よりも美容液重視です。30代からは、皮膚の奥にある真皮へ栄養を補給する必要がありますので、いま話題の発酵美容や、セラミドなどの保湿成分がしっかり配合された美容液が適しています。乾燥が気になる方は、クリームの部分使いを。

【40代】
シワやたるいが気になり始める年代ですので、表皮ケアにくわえ真皮ケアが必要になります。また、表情筋を鍛えることも有効です。クレンジングは、肌に負担をかけないクリームタイプを使います。化粧水はビタミンC誘導体のものを使い、美容液は保湿成分配合のものを朝晩使います。クリームを選ぶ方は、自分の肌の悩みにあったものを選びましょう。ピーリングによる角質ケアは必須です。

【50代以上】
洗顔は、朝はぬるま湯の素洗い、夜はしっとり系のクレンジングをつかって、洗顔料は角質ケアができるものが良いでしょう。化粧水はビタミンC誘導体配合のもの、美容液は、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、セラミドや幹細胞コスメなど、細胞レベルへ働きかけるものを。クリームも細胞に働きかけて肌のハリや弾力をあたえてくれるものを選びましょう。