オーガニックコスメで春メイク

美容雑誌に春らしい新色が並ぶと、テンションがあがりますよね。オーガニックの春メイクアイテムも、最近はかなり充実しています。

rms beautyのファンデーション、ハイライト、クリームアイシャドー、リップ&チークがひとつのパレットになった「カラーパレットクラシックコレクション」は、使い心地も発色も良いので、一度使うと手放せなくなる方が多いようです。ココナッツオイルベースなので、抗酸化作用と抗菌作用もあります。

また、オーガニックのマスカラも商品化されて、吉川ひなのさんプロデュースの「アマラ アネリアナチュラル トリートメントマスカラ」が発売されました。エコサート認証成分やまつ毛のカールキープ&ケアができる優れものです。

アイブロウでは、ナチュラルで美しい眉を簡単につくることができる、ヴァントルテの「ヴァントルテミネラルシルクパウダー&ペンシルアイブロウ」があります。アイブロウペンシルとパウダー、スクリューブラシが1本になっているので便利ですし、京都かいこまゆエキス配合なので、メイクをしながらうるおいケアもできます。

植物原料で、唇の縦シワや皮がむけるのをケアしてくれるリップカラー「ネイチャーズウェイ ナチュラグラッセ トリートメント リップオイルモア」などなど、どれも集めたくなるような優秀なオーガニックメイクアイテムが増えてきたことは、大変うれしく思います。

以前は、成分は優しくても使い心地や仕上がりに満足できなかったものも多かったのですが、いまは見た目も仕上がりも良いものばかりです。

オーガニックコスメを選ぶときは、酸化に強いホホバオイルやシアバター、キャスターオイル、ココナッツオイルが良いでしょう。

オーガニックコスメを使用するときの注意点は、使用期限を厳守することです。防腐剤が少ないので、一般の化粧品より品質の持ちが短いので、早く使い切ることがポイントです。

大抵商品の箱に記載されていますが、未使用のものは3年、開封したものは、3ヶ月で使い切ることが大切です。オーガニックの基礎化粧品は、だいたい半年で使いきりましょう。

古く酸化したコスメを肌にのせると、当然肌トラブルの原因になりますので、必ず使用期限を守ることを心がけましょう。