乾燥肌のためのスキンケア

大人の乾燥肌は、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、間違った洗顔方法によって、肌の水分量を守っているバリア機能が低下するために起こります。

肌が水分を維持できなくなると、肌が突っ張ったり、肌がガザガザしてメイクのノリがわるくなったり、シワ・たるみ・くすみを引き起こしやすくなるので、顔全体が老けた印象になってしまいます。

乾燥肌ケアには、化粧水よりも保湿美容液が適しています。

化粧水は、成分の9割以上が精製水で作られているため、つけた直後は潤いを感じられますが、時間が経つとどうしても蒸発してしまいます。

保湿美容液は、化粧水よりも保湿成分が多く、油分成分も配合されているので、油分で肌の表面をラップすることで、肌内部の水分を閉じこめて、長時間潤いを維持することができます。

深刻な乾燥肌やより高い保湿をしたい場合は、この保湿美容液のあとに、乳液やクリームでさらにラップすると、化粧水や美容液で補給した水分を肌に閉じこめることができます。水分を逃がさないためには、油分が欠かせないので、乾燥肌ケアのポイントです。

肌荒れがひどい場合には、化粧水を省いて、直接乳液をたっぷり塗ることで、不足している油分を補い、うるおいも感じられます。

保湿美容液やクリームは高価なアイテムですが、プチプラでもかなり優秀なものもあります。

乾燥肌のお手入れにぜひ取り入れたい高保湿成分としては、「セラミド」「ライスパワーNo11」などです。

肌に潤いがあれば、角質が整ってバリア機能もあがるので、肌荒れがしにくく、シワ・たるみ・くすみが生じにくい肌になることができますので、スキンケアの要と言ってよいでしょう。