アミノ酸シャンプーで頭皮ヘア&髪の悩みをスッキリ!

髪にツヤがあるだけで、年齢よりも若々しい印象を与えますが、髪や爪は、加齢や体調、栄養不足が一番あらわれやすいパーツです。

また、30代、40代になると白髪が増え始めて、部分染めや白髪染めを使い始める方も多くなり、頭皮や髪を傷める原因になってしまいます。

さらに、頭皮がかたい状態にあると、肩こり・首のこり・目の疲れ・顎関節症・歯ぎしりの原因にもなりますし、頭皮と顔はつながっていますので、たるみやシワの原因にもなります。

頭皮ケアはお肌の美容にも大変役立つのでぜひ実践してみましょう!

 

シャンプーの選び方

市販のシャンプーには、頭皮や髪に刺激となる成分が入っていますので、できるだけそういった成分が使われていないものを選びましょう。

まず注意してほしいのが、頭皮に必要な皮脂も洗い流して、たんぱく質変成作用がある石油系界面活性剤が使われていないものを選ぶこと。

成分名でいうと、「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」などが配合されていないかチェックしてみましょう。

そして、被膜性の強い「シリコン」不使用のものが良いでしょう。

最も安心なのが液体の石鹸シャンプーですが、すでに使ったことのある方ならおわかりのとおり、使い勝手が悪いデメリットがあります。

ですので、低刺激性のアミノ酸シャンプーが頭皮と髪に優しく、使いやすく仕上がりも良いので最適です。

アミノ酸系シャンプーの成分には、「〇〇グルタミン酸」「〇〇アラニン」などのようにアミノ酸の名前がついた成分が入っています。

 

シャンプーの仕方

頭皮には、顔の3倍もの皮脂腺があります。

シャンプーの頻度は、皮脂の多い男性やスポーツ後、ホコリなどの汚れがつきやすい場所で仕事をされている方は毎日、髪の毛が細くてダメージを受けやすい方や頭皮が乾燥していてフケが出やすい方は2日に一度が良いでしょう。

大抵の方が、髪を濡らしてすぐにシャンプーを髪の毛につけて洗いはじめると思いますが、まずシャンプーを使う前に、お湯で頭皮をもむように「予洗い」をすることが大切です。

頭皮、そして髪をしっかりお湯で濡らした後に、シャンプーを地肌をマッサージしながら泡立ていき、髪の毛は泡で包み込むようになじませて洗います。

そして、すすぎもシャンプーした時間と同じくらいかけてしっかり行います。

この洗い方を習慣にすることで、頭皮が柔らかく、かゆみやフケのない健康的なツヤ髪を保つことができます。