効果抜群!自宅ピーリングのすすめ

10代や20代に、ニキビを治すために「ピーリング」を病院で勧められることがありますが、

加齢によって肌の新陳代謝が遅くなる30代、40代以上の方にも、ピーリングによる美肌効果がとても高いため、自宅ケアに取り入れいているモデルさんや美意識の高い方々の間で注目されています。

今日は、「ピーリングとは何か」「皮膚科と自宅でおこなうピーリングのちがい」「ピーリングジェルの頻度」「おすすめのピーリング」などについて説明します。

 

ピーリングとは

ピーリングは、肌の表面に溜まった古い角質を除去して、新しい皮膚の生まれ変わりを促す美容法です。

肌に刺激が少ないグリコール酸やフルーツ酸を使用した自宅で手軽に行うことができるホームピーリングや、より本格的な効果が期待できるハイドロキノール配合のもの、また、皮膚科では高濃度のケミカルピーリングをおこなっています。

 

ピーリングの効果

ピーリングにより、シミ・そばかす・くすみ・ニキビ・ニキビ痕・テカリ・肌荒れ・角栓や黒ずみ・開いた毛穴に効果があります。

年齢をかさねていくと、「洗顔してもスッキリしない・・・」「肌のざらつき」「ゴワつき」を解消するのに最適なスキンケアです。

余分な角質を取り除くことで、肌がなめらかになってお化粧の仕上がりも良くなりますし、後に使う化粧水や美容液、クリームなどの浸透もアップするので、美肌維持に大変効果のある美容法です。

 

皮膚科と自宅でおこなうピーリングのちがい

皮膚科では医師が肌の状態をチェックしながら、水のような性質のグリコール酸や乳酸、フルーツ酸などの「αヒドロキシ酸」と呼ばれるAHAを用いたり、皮脂に近い性質があるサリチル酸の「βヒドロキシ酸」と言われるBHAを使用してピーリングをおこないます。

2週間に一度の頻度でおこなわれます。

イオン導入とセットにおこなうとより美肌効果があります。

高い効果と医師がおこなうため安心感がありますが、一回の施術が1万円ほどしますので料金は高めです。

自宅でできるホームピーリングは、肌に負担の少ないAHAによって、優しく角質を落します。

価格はタイプや商品によって異なりますが、皮膚科のピーリングに比べるとずっと安いので、長く続けやすいメリットがあります。

 

ピーリングの種類と頻度

セルフピーリングには、ピーリング洗顔料・ふき取り化粧水・ピーリングジェル・角質ケア美容液などがあります。

使用する頻度は、アイテムによって異なります。

皮膚科の受付でよく見かける「サンソリット ピーリング石鹸」やドクターズコスメブランドが販売しているピーリング石鹸は、毎日使用します。

肌に塗って、しばらく置いてから洗い流すピーリングジェルは、1週間に1度くらいの頻度でおこなうものが多いようです。

同じピーリングジェルでも、温泉に置かれているような、マッサージしてポロポロと垢のように出てくるタイプやスクラブ入り、ふき取りタイプは、肌の負担になりますので敏感肌や肌が弱い方は気を付けましょう。

また、超音波振動によってピーリングができる美顔器も発売されています。

 

評判の良いピーリング

口コミサイトなどを見ますと、ピーリングコスメが大変多く発売されています。

有名なのが「タカミスキンピール」、「サンソリット スキンピールバー」、「デルファーマ」などがあります。

自分の肌にあった、長く愛用できるアイテムをぜひ見つけてみてくださいね。