40代からのシミ・シワ・ほうれい線・毛穴の目立ちのエイジングケア

40代に入ったあたりから、シミ・シワ・ほうれい線・たるみ・毛穴の開き・白髪・薄毛など、見た目の悩みが深刻になってきます。

老化の原因となる酸化と糖化

それは、加齢とともに抗酸化力がどんっと落ちてしまうため、紫外線による酸化ストレスで生じる体内のサビを抑えられなくなるためです。

また、最近話題になる糖化によっても酸化ストレスを増加させるため、シミの原因メラノサイトを活性化したり、発毛を阻害したり、肌の毛細血管やコラーゲンを劣化させます。

紫外線・ストレスによってシミ・たるみが進行しやすくなり、食事で摂取した糖によって肌の黄ばみ・弾力の低下が生じてしまいます。

対策は、減少する肌内の美容成分を補うスキンケアとともに、抗酸化成分が十分含まれた食事、糖質の摂取に気を付けること、表情筋を鍛える、骨を強くする運動を取り入れることが大切です。

若々しくあるためには、スキンケアのみではなく、食事・運動も重要になってきます。

 

シミ・くすみの対策

シミをこれ以上増やさないためには、まず普段から日焼け止めをしっかりすることです。紫外線対策が一番のエイジングケアというお医者さんもいるほどなので、一年を通じて日焼け止めクリームやファンデーションで日焼けから肌を守りましょう。

出来てしまったシミは、なかなか消すことが難しく、美白化粧品もありますが、シミをつくらないようにする働きがあるもので、できてしまったシミや肝斑を消すことは、まず期待できません。

美容クリニックでも、お医者さんもシミや肝斑ができる理由や消す方法をはっきり把握しているのではなく、いろいろな方法を試しながら、その人に合った方法を吟味しながら施術をしています。

肌の漂白剤ともよばれるハイドロキノン配合のスキンケアが、皮膚科やドクターズコスメで発売されています。

アメリカでは20年以上前から普通に購入できるスキンケアとして一般的で、日本でもモデルさんや美容通の方々も愛用していて、実際私の友人たちもスペシャルケアに取り入れてるようで、とくに副作用があったなどの話はなく、ずっと色白をキープしています。

敏感肌や肌が弱い方は医師の相談をおすすめしますが、普通の肌の方でしたら、きちんと使用頻度と使用方法を守って、紫外線対策もしっかり行うことで、効果を期待できると思います。

これも、個人差がありますので、白斑ができたり紫外線対策をしないために余計にシミが多くなる副作用があることを知った上で、購入しましょう。

最初に言いました通り、日焼け対策が一番大切です。

 

抗酸化作用の高い食品

抗酸化作用の高い食品は、バナナ・茶葉・ニンニク・れんこん・玉ねぎ・ほうれん草・人参・アスパラ・しいたけ・ごぼう・もやしなどがあります。

バナナなど身近で安価な野菜・果物が多いので、普段から積極的に摂取しましょう。

 

顔の表情筋を鍛える体操

NHKなどのテレビ番組でもおなじみの顔ヨガ講師の間々田佳子さんの顔の筋トレでは、60個ある顔の筋肉の伸縮運動によって、血行やリンパの流れも良くして、肌のハリを高めてくれます!

公式サイトもありますので、興味のある方はご覧になってみてください。